赤ちゃんのおなかがぽっこり!?原因って何?病気は?

スポンサーリンク

赤ちゃんや幼児のおなかがぽっこりしていることってよくあります。
これはもともと赤ちゃんや幼児には腹筋が少なくお腹がぽっこりでてしまうのです。
実は高齢者でおなかがぽっこり出ている人もこの筋肉が少ないのが理由のひとつと考えられています。
赤ちゃんのおなかのぽっこり、基本的には心配しなくてもいいのです.
ただぽっこりの原因が便秘だった場合。
ガス抜きがうまくできていない場合はケアをしてあげたほうがいいでしょう。
便秘やガスがたまっていることが原因だと赤ちゃんの食欲も落ちているかもしれません。
また唸りがあるかもしれませんね。
大人でも便秘やガスがたまると不快になります。
赤ちゃんも同じですね。
赤ちゃんは自分で対応することができません。
赤ちゃんの便秘は離乳食をはじめてから起こることが多いようですね。
便の水分量がどうしても落ちるので便秘になりやすいのです。

スポンサーリンク

便になる元自体が少なくて便秘になることもあります。
赤ちゃんの便秘解消にはさつまいも、バナナといった食物繊維が多く含まれるものを離乳食に選んだり、ヨーグルトなど乳酸菌が含まれるものを選ぶといいです。
便秘自体を解消するには赤ちゃんの下腹部をのの字マッサージで優しくさすってあげるのもいいでしょう。
それでもなかなか便が出ないときはオリーブオイルをつけた綿棒をおしりから入れて直腸を刺激してあげる方法もあります。
目安としては1.5〜2センチくらい。のの字を書くようにします。
赤ちゃんはお乳を飲む時に空気も一緒に吸い込んでしまいます。また大人のように自分でゲップを出したりすることが苦手です。
親がお手伝いをしてゲップを出してあげる必要があります。
ゲップが溜まって苦しいとおなかぽっこりにつながりますし、赤ちゃんの食欲にも影響があります。
ゲップを出すには抱き上げて赤ちゃんを肩にもたれさせ背中をトントンとしてあげるといいです。
または赤ちゃんをうつ伏せに寝かせ背中や腰をトントンしてもいいでしょう。
うつ伏せにしてうまくゲップが出た時は赤ちゃんをそのままにせずちゃんと仰向けにして寝かせてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおなかがぽっこり!?原因って何?病気は?関連ページ

幼児のお腹がぽっこりしている場合の病気について
新生児のお腹がガスでぽっこりするの?