ぽっこりおなかには病気が隠れているかも・・・・

スポンサーリンク

最近、なんだかおなかの下あたりがぽっこりと出っ張って来たかも、と思うことはないでしょうか。
そのため、慌てて食事制限などのダイエットに励んだりするのですが、どうしてもぽっこりおなかは改善しない、というのなら、もしかしたらなんらかの病気になってしまっているのかもしれません。
まず考えられるのは、便秘です。
これを聞いて病気ではないと思った人もいるのかもしれませんが、大したことがないと放置しては駄目です。
というのも、あまりに酷くなると、腹痛はもちろんですが、大腸ガン、糖尿病などを引き起こす原因になることもあるのです。
バランスの良い食事や、食物繊維、水分を意識して多めに摂り、適度な運動を心がけるようにしておきましょう。
また胃炎や胃潰瘍といった胃の病気が考えられます。
胃にガスがたまることでぽっこりと出てしまいます。

スポンサーリンク

消化不良や胃の冷えもぽっこりおなかの原因が考えられます。
他にも、骨盤が歪んでいる人もおなかがぽっこりしている場合があります。
これは内臓の位置が、あるべきところよりも下がっているために起こります。
解消するには、整体やカイロプラクティックなどに行って診てもらい、日常でもできる体操のやり方などのアドバイスをしてもらい、実行すれば良いです。
最後に、卵巣や子宮に異常がある場合は要注意です。
腫瘍、嚢腫、筋腫といった病気を発症している時があり、場合によっては、おなかがぽっこりしていること以外に自覚症状がなく、見過ごされてしまうことがあります。
定期的に検査をするのが良いですが、その際に女性特有の病気に関して、特に力を入れて検査をしている医療施設を選ぶようにしておくのがお勧めです。

スポンサーリンク

ぽっこりおなかには病気が隠れているかも・・・・関連ページ

お腹ぽっこり張っている感じがしたら膀胱炎?