ぽっこりおなかで便秘!腸内環境の悪化?改善するには

手足は細いのにおなかだけぽっこり。そんなあなたはもしかして便秘の症状ありませんか。
ぽっこりおなかの原因のひとつに便秘というのが考えられます。
女性なら便秘に悩んだことがあるかもしれませんね。
女性に便秘がおおいのは筋力が不足して便がスムーズに出せないことが原因のひとつとして考えられます。
また偏った食事で腸内環境が悪化しているため便秘になっていることも考えられます。
ぽっこりおなかを解消するために便秘対策を考えてみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

便秘解消にいい食事とは

便秘解消するには食物繊維が多い食事をとることが大事です。
とくに肉を食べることが多いひとは食物繊維が不足しがちです。
意識して摂るようにしましょう。
食物繊維は腸内環境を改善する善玉菌を増やしてくれます。
食物繊維が善玉菌のエサになるんですね。
また便のかさをふやしてくれます。
食物繊維をとるには野菜や海藻、きのこなどを摂るといいでしょう。
食物繊維にも不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とあります。
どちらもバランスよくとることが大事です。
一日に必要な食物繊維は男性で24グラムから27グラム、女性で19グラムから21グラムといわれています。

スポンサーリンク

 

善玉菌を増やす食事をとる

腸内環境をよくするには善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌といわれる菌の割合を善玉菌優勢にしておく必要があります。
善玉菌を増やすにはヨーグルトに含まれる乳酸菌や納豆に含まれる納豆菌など定期的にとることが大事です。
以前テレビのダイエット企画でやっていたのですが、朝ヨーグルトをとることによってぽっこりお腹を改善していました。
朝食べることによって排便を促すことと善玉菌を増やすことと一石二鳥のようです。

 

2週間は続けてみる

腸内環境はすぐには改善しません。テレビ企画でドクターが2週間は続けて下さいとおっしゃっていましたね。
継続することで徐々に腸内環境が改善し、便秘解消につながるようです。
実践した人はぽっこりお腹を解消するというより便秘が解消されたことが嬉しかったそうです。
ヨーグルトが苦手なひとは乳酸菌サプリを活用してみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク