お腹痩せにドローインは効果ある?

スポンサーリンク

お腹のぽっこりとしたふくらみを解消するためにおこなわれているエクササイズに、ドローインと呼ばれているものがあります。
これは、簡単に言えば、お腹を大きく膨らませたりへこませたりするエクササイズです。
これにより腹筋が鍛えられたり、腸の働きが良くなったりします。
すると代謝量が増え、脂肪燃焼率がアップして、お腹の脂肪が減っていくことになるのです。
また、腸が活発になることで便もスムーズに排出されるようになります。
脂肪と便とが減ることで、お腹痩せ効果が出てくるというわけです。
またドローインにはコツがあります。
やみくもにお腹を膨らませたりへこませたりするだけでなく、そのコツをうまく取り入れることで、より高いお腹痩せ効果が期待できるようになります。

スポンサーリンク

そのコツとは、体内にたっぷりと酸素を入れる、有酸素呼吸と一緒におこなうことです。
酸素は、細胞内のミトコンドリアが活動するためのエネルギーとなります。
したがって酸素が体内に多く入れば、それだけ細胞の活動量増え、脂肪燃焼率が高まることになるのです。
具体的には、まずはお腹を鼻からゆっくりと空気を吸い込みながら、お腹をどんどん膨らませていきます。
できるだけ時間をかけて吸い込み、これ以上お腹が膨らまないという状態になったら、その状態をしばらくキープします。
次に、口からゆっくりと息を吐きながら、お腹をへこませていきます。
十分にへこんだら、やはりその状態をしばらくキープします。
これを日々積極的におこなうことで、お腹のぽっこりとした状態は、改善されやすくなるのです。

スポンサーリンク