産後のぽっこりお腹を引き締める

スポンサーリンク

女性の出産後の体というのは妊娠前と大きく違っています。
赤ちゃんを産むために骨盤は大きく開いていますし、子宮も元のサイズよりも大きくなっています。
そのため、産後ぽっこりお腹が目立つようになり、なかなか元に戻らないと悩んでいる方もいらっしゃいます。
赤ちゃんを産むためには何ヶ月もかけてお腹が徐々に大きくなっていき、それに合わせて体も変化していきます。
そして、元に戻るにはやはり徐々に少しずつ体が戻っていきますから、徐々にぽっこりお腹もへこんでいきます。
しかし、元に戻っている途中で骨盤の歪みなどが起きてしまうと、体全体のバランスが崩れたり、以前よりも骨盤が開き気味になったりします。
すると、ぽっこりお腹がそのままになってしまって、元のサイズに戻らないこともあります。

スポンサーリンク

出産直後は体がとても弱っていますから、体型の崩れが気になってもそのまま体力を回復させるのを優先しましょう。
そして、約1ヶ月くらい経った頃から軽いエクササイズなどを行って、お腹の引き締めを行うのが最適です。
また、骨盤の歪みなどを発生させないためにも、専用の骨盤ベルトや補正下着などを活用すると良いでしょう。
日々の生活や姿勢などにも気をつけて、骨盤の歪みを起こさないようにしましょう。
そして、軽いエクササイズとしては、その場で足踏みする運動があります。
太ももが床と平行になるように上げて数秒停止し、足を変えて同様に行っていきます。
また、足を伸ばして床に座り、そのままお尻で前方向に進むというエクササイズも効果的です。

スポンサーリンク