子宮筋腫の術後のお腹ぽっこりについて

スポンサーリンク

子宮筋腫とはその名の通りに子宮の中に発生する腫瘍の事で、ほとんどが良性の腫瘍になります。
女性だけに発生する腫瘍の一つですが、女性特有の腫瘍の中で最も発生数が多いと言われています。
30代以降の女性に発生する事が多く、30代の場合は全体の約2〜3割の女性に発生するとされています。
腫瘍の大きさは数ミリから数センチのものが多く、中にはこぶしくらいの大きさまで成長するケースもあります。
また発生する数については1個の場合や、同時に複数発生する場合もある等、人によって状態が異なります。
子宮筋腫の発生原因については現段階では明確になっていないですが、ホルモン等が影響しているという説が有力です。
生まれつき持っている腫瘍の芽のようなものが、思春期頃から分泌量が増えるホルモンの影響で腫瘍に成長するという説です。

スポンサーリンク

子宮筋腫が発生した場合の症状としては、月経時の出血量の増加や貧血、不正出血や下腹部の違和感等が挙げられます。
この疾患は不妊や流産、早産の原因となる場合もあるため、違和感を感じたら早めに病院で診てもらうのが望ましいです。
子宮筋腫の治療方法としては薬物療法や手術等があり、将来出産を望むか否か等によって治療方法を選択します。
腫瘍が大きくなっている場合には手術を行なう事が多いのですが、術後にお腹がぽっこりする事があります。
この術後のお腹のぽっこりはよく起きる症状なので、過度に心配する必要はないです。
気になる場合には腹筋等の運動も有効ですが、術後すぐに行うと負担が大きいので担当医師に相談しながら行なうのが良いです。

スポンサーリンク